So-net無料ブログ作成

差をつけやすい志望動機 [採用面接の志望動機]

さて、脱毛サロンの採用面接で何が聞かれるのか・・・

それは重要な点が二つあります。

まず、1点目は志望動機です。
2点目として、貴女が提出した履歴書で、気になる点です。

もちろん、それ以外にも聞かれますが、
それらは一般的に言って、他の応募者と普通大きく差がつくところではありません。

ですので、まず、履歴書に書く時点から、
質問を誘導するような面接官が興味を持つような点を
それとなく書いて置く技術も重要です。

でも、もし、それが功を奏さなかったとしても、
何も心配する必要はありません。

志望動機で他の応募者から首二つ抜きんでることができます。
志望動機と言うのは単に、なぜ、エステ業界や脱毛サロンで
働きたいかと言う理由だけでなく、どのような観点から貴女が
なぜ、他社ではなくて、その会社に共感し働きたいか、ということです。

ここは、公開されている資料やネット上で得られる情報からではなくて、
貴女独自の視点から見たオリジナルな動機が求められるところです。

こう言えば、他社の事なんてそもそも知らないし~、
なんて思ってるかもしれませんが、それは他の人も同じです。
だから大きな差をつけられるポイントとなるのです。
他社も研究しておく必要があります。 ネットからではなく。

貴女のオリジナルな動機は貴女のオリジナルな調査から生まれます。

では、どうすれば良いかと申しますと・・・

これが面接の肝です。 (続きをお読みください。)





nice!(0)  コメント(0) 

採用の肝は面接 [脱毛サロン]

今、脱毛サロンでエステティシャンとして活躍したい人が増えてます。

脱毛サロンに勤めるには、看護師なんかとは違って、
特別な資格が必要なわけではありません。

そのせいか、フリーターでも多くの方が、
脱毛サロンに応募してるという現状があるのは、
貴女もきっと耳にされてることでしょう。

そうです、何も貴女は看護師になるため専門の学校に
通う必要もありませんし、また、
何らかの国家資格を取る必要もないのです。

ですが、一方では、応募者もとても多いため、
そう簡単に合格でき、採用されるような職業でもないのです。

貴女は採用試験に及んで、
他の応募者とは一線を画すような違いを面接官に示して、
抜きんでる必要があるのです。

そこで示すのはもちろん、スペシャリストとしての
エステティシャンの腕ではなくて、
他人にはない有能な人材としての貴女です。

それをどうやって示すか、
そこが合否の分かれ目になるところですが、
貴女は少々心配してるかもしれませんね。

でも、それは心配する必要はないことです。
今しばらく続きをご覧ください。

nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。